Intravenous drip life   August    September                                         14Y0810-

s-DSC_0017

点滴静脈注射(てんてきじょうみゃくちゅうしゃ、intravenous drip, DIV, IVD)とは、
ボトルやバッグに入れて吊した薬剤を、静脈内に留置した注射針から少量ずつ(一滴ずつ)
投与する方法で、経静脈投与(静脈注射、静注と略すことがある)の一種である。
単に点滴とも称される。また、そのための医療機器である点滴装置も「点滴」と呼ばれることがある。

s-DSC_0018

注射針・カテーテル

翼状針一時的かつ短時間の点滴静注には翼状針(翼付静脈針)が用いられる。
注射針の両脇に体表に固定しやすくするための翼(ポリ塩化ビニル製)が付いている。
容器・点滴ライン・翼状針を全て組み立てて中に薬液を通してから針を刺す。
留置針持続的に点滴静注を行う場合には、留置針(金属製の注射針にテフロンないしポリウレタン製の柔らかい外筒を付けたもので、
血管に刺入後に金属の針を抜くと外筒のみが留置される)を用い、これを留置した後で容器+点滴ラインを接続する。
点滴静注終了後に留置針を残す場合は、閉塞を防ぐためにヘパリン(抗凝固薬)希釈液で点滴ルートを満たすヘパリンロックが行われている。
また、ヘパリンの代わりに生理食塩液で満たす生食ロックも汎用されている。中心静脈カテーテル中心静脈から点滴静注を行う場合は、
専用のカテーテルを留置する。中心静脈カテーテルは長さ30 - 70 cm程度の細い管で、静脈内に持続的に留置するため表面がコーティングされている。
複数の内腔をもつカテーテルもあり(ダブルルーメンカテーテルなど)、混注不可能な薬剤を同時に投与するために用いられる。
また皮下埋込式リザーバを用いるとカテーテル一式を完全に体内に埋め込むことが可能で、外来化学療法などに利用されている。


s-DSC_0019

s-DSC_0020

s-DSC_0002

s-DSC_0009

s-DSC_0010

s-DSC_0016

cuts-DSC_0001